CSRの取り組み

働きやすい職場環境のための各種制度

当社は、健康測定を毎年実施し、個別の保健指導による生活習慣病の改善に取り組んでいます。2013年度からは、メタボリックシンドローム対策や健康増進のため、新たに医療機関と連携したメディカル・フィットネス施設と法人契約し、従業員のアクティブライフのサポートを始めました。また、従業員のワーク・エンゲージメント(仕事にやりがいを感じ、熱心に取り組み、仕事から活力を得て活き活きしている状態)を目指し、管理監督者のEQ能力開発を積極的に進めています。メンタル面の健康に関しては、2015年度よりストレスチェックが義務化となりましたが、当社ではストレスチェックとあわせてストレス対処力の測定を行い、その結果をもとにメンタルヘルスケアの集合研修を行い、厚生労働省が提案している『職場環境改善のためのヒント集』を活用した職場環境の改善に取り組んでいます。また、新入社員にはメンタ制度を導入し、先輩社員が仕事の方法だけでなく心理面でのサポートも行うなど、従業員が元気に働くための環境整備に力を入れています。

ゆがみ改善体操

メンタルヘルス教室

コミュニケーションの充実

当社グループの従業員とその家族の親睦を図る「運動会」や、従業員の子どもが職場を見学する「子ども参観日」、経営トップと従業員が直接対話する「社長と語る会」などを開催しています。
本社事業所では「子ども参観日」に合わせ、「納涼祭」を開催し、従業員と家族がともに楽しんでいます。またグループイントラネットやグループ報などのコミュニケーションツールを通した、経営情報やグループ拠点・従業員の情報発信を行っているほか、クラブ同好会への補助などにより、従業員間のコミュニケーションの促進を図っています。

運動会

クラブ活動

子ども参観日
実験“ゴムの不思議”

ワークライフバランス向上のための諸制度

少子高齢化が進む中、従業員が働きやすい環境を整えるため、育児・介護を行う従業員を対象とした休職制度や短時間勤務制度のほか、フレックスタイム制、半日単位で取得できる有給休暇制など、柔軟な勤務時間制を取り入れています。また、有給休暇の取得を促進するため、年間5日間の計画休暇日を年初に予め設定する取り組みを行い、従業員のワークライフバランスの向上に力を入れています。特に育児を行う従業員の支援制度については、育児休職は子供が3歳になった後の4月末日まで、また育児のための短時間勤務制度は子どもが小学校3年生の終わりまで取得できるなど、法定を上回る支援を行い、従業員が安心して働ける環境構築に取り組んでいます。