loading

次世代ディスプレイを支える
新光学フィルム

Free Crystal®

粘着タイプ

カーメーカーが認めたOCAとは

従来のアクリルやシリコーンのOCAでは不可能だった高粘着力と柔軟性を両立を実現し、さまざまな部材のオプティカルボンディングが可能で、世界の車載スペック信頼性試験をクリアする高信頼性OCAです。

バンドー化学OCAの3つの特長

特長1
特長1

広い厚み帯
300~2000μm

特長2
特長2

変色しにくい

特長3
特長3

高粘着×柔軟性

基本データ

カテゴリー 試験項目    試験方法・条件  NT-H 0.5mm
(t)
 光学特性  Haze (%) ヘイズメーター
(Glass/OCA/Glass構成)
室温 0.5>
全光線透過率(%) ヘイズメーター
(Glass/OCA/Glass構成)
室温 91<
黄色度b* ヘイズメーター
(Glass/OCA/Glass構成)
室温 0.5>
屈折率 JIS K 7142 T=23℃
l=589nm
(Na, D Line)
1.48
粘着特性 180°剥離強度
(N/25mm)
剥離速度:30mm/min 対 Glass 38
対 PC
(ポリカーボネート板)
28
対 偏光板 (TAC) 25

※数値は実測値であり、保証値ではありません

顧客評価合格実績

カテゴリー 試験項目    試験方法・条件  備考
 光学信頼性試験 高温試験 95℃ 1000時間 顧客によっては
105℃合格
低温試験 -40℃ 1000時間 車載業界標準
高温高湿試験 85℃ 85% 1000時間 車載業界標準
熱衝撃試験 -40℃⇔90℃ 1000サイクル 車載業界標準
UV試験 顧客指定条件 1000時間 JIS D0205、
DIN75220など
その他 減圧試験 MIL-STD810 合格

※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※光学信頼性試験においては、試験後に白化・黄変・剥がれ・遅れ泡・動作異常・表示ムラなど無き事が合格基準となっています。

一般的な
オプティカルボンディング
での課題

1
気泡・剥がれ

気泡・剥がれ

信頼性試験で後発気泡や
剥がれが発生する

1
表示ムラ

表示ムラ

ボンディングに問題があり
ディスプレイに表示ムラが発生する

3
変色

変色

信頼性試験や長期間の使用で
白化または黄変する

4
コストダウン

コストダウン

ボンディングに時間がかかる
部材ロスが発生する

この課題は
Free Crystalが解決します!

1

高度な試験に耐える
ボンディング信頼性

車載スペックの信頼性試験、航空機用途の減圧試験(高度55,000ft相当)でも気泡や剥がれが発生しません。

2

高い粘着性能と柔軟性を両立

高粘着力と柔軟性によって高いボンディング性能とボンディング時の応力を緩和する性能を発揮。曲面や樹脂カバーとのボンディングでも剥がれ、表示ムラが発生しません。

3

変色しにくい優れた光学信頼性

長時間にわたり日光や高温状態に晒されても白化や黄変が発生しにくく、製品のデザイン性や視認性を損ないません。

4

作業時間短縮と部材ロス低減

t300~2000μmまでラインナップ。OCA重ね貼りや、OCR塗布に要していた時間を短縮。UVや熱による硬化プロセスも不要です。
リワークが可能でボンディング工程での部材のロスを低減します。

実際のお客様の声

台湾 LCDメーカー

車載ディスプレイのトレンドである曲面デザインで、特に曲率のきついものでは、ボンディング品質と表示品質の両立が難しかった。Free Crystalを使用するとR=500の曲面ボンディングであっても信頼性試験に合格。貼合品質も表示品質もクリアし、顧客に提案できるようになった。

欧州 Tier-1メーカー

特殊なプラスチック素材との貼り合わせで、他のOCAはすべて不合格であったが、Free Crystalは唯一合格した。これまで部材毎にOCAを検討していたが、Free Crystalであれば幅広い部材に対応でき、検討時間を短縮できると期待している。

米国 貼合メーカー

55,000ft相当の減圧試験をパスする超厚膜OCAがなく、困っていたが、Free Crystalを用いると試験にパス。短期間で顧客の要求を満たすことが出来た。

日本 Tier1メーカー

他社OCAを検討していたが、UV試験において気泡、黄変が発生し困っていた。
Free Crystalに変えることで解決でき、計画通りに開発を進めることができた。

台湾 貼合メーカー

屋外使用ディスプレイ案件で、従来使っていたOCAではUVによる黄変で試験パスできなかった。Free Crystalを採用することで試験にパスし案件を受注することができた。

日本 貼合メーカー

他社の超厚膜OCAは、工程でのハンドリングやボンディング時の変形による後発気泡が発生し困っていた。Free Crystalは適度なコシがあるのでハンドリング性の向上、プロセスマージンが拡大でき生産性が向上した。

台湾 貼合メーカー

部材に応じて5~6種類のOCRを使い分けていたが、Free Crystalを使うことによって全ての案件をカバーできるようになった。ボンディング材料を一本化でき、管理も楽になった。

欧州 Tier-1

UV硬化も熱硬化も不要な点がGood!
時間の短縮にもなるし、硬化収縮もなく表示ムラも発生しにくい。

自己修復タイプ

世界が驚いた屈曲性と堅牢性を両立した光学フィルム

特長
1
屈曲性
特長
2
堅牢性

自己修復タイプの用途例

自己修復
表面保護シート

フォルダブル
ディスプレイカバー

書き心地
向上シート

基本データ

カテゴリー 試験項目    試験方法・条件  F101
0.1mm(t)
 光学特性 Haze (%) ヘイズメーター 室温 1.0>
全光線透過率(%) ヘイズメーター 室温 91<
黄色度b* ヘイズメーター 室温 0.5>
屈折率 JIS K 7142 T=23℃
l=589nm
(Na, D Line)
1.51
機械特性 繰り返し曲げ 曲率半径:1.0mm、
スピード:60r/min
厚み:100µm
内折り/外折り
10万回 外観変化なし※1
20万回 外観変化なし※1
30万回 外観変化なし※1
鉛筆硬度 JIS-K5600を基本とした当社試験方法による 6H※2

※ 数値は実測値であり、保証値ではありません。
※1 折り目の変形が経時で回復します。
※2 試験片の構成により結果が異なります。

繰り返し曲げ評価の方法

治具動作

サンプルを水平に伸ばしてチルトクランプに取り付け伸縮を繰り返します。

他社PIフィルム(折り目あり)

当社PUフィルム(折り目なし)

自己修復タイプの製品

書き心地シート

自己修復シート
書き心地シート

フォルダブルカバーシート

折り曲げられるシート
フォルダブルカバーシート