CSRの取り組み

労働安全衛⽣

安全衛生
基本方針
基本理念
当社グループは、人間尊重に立脚した事業活動を基本とし、全員の創意・工夫と行動力を結集して継続性のある安全 衛生管理活動を推進し、従業員の安全と健康を確保する。

行動指針
1. 私達は、労働安全衛生関係法令および事業所において定めた安全衛生に関する諸規定を遵守し、労働災害および 職業病の防止と健康の維持、増進に努める。
2. 会社は、労働災害および職業病の防止に直接責任があることを自覚し、労働安全衛生マネジメントシステムを確立 する。また、従業員の協力の下、適切に実施、運用し、安全で快適な職場を築く。
3. 私達は、安全衛生管理活動に自主的且つ積極的に参加し、創意・工夫と行動力を結集して、自らの安全と健康は自 ら守る活動を展開する。
4. 会社は、安全衛生方針を全従業員に周知させるとともに、安全衛生活動の実態の変化、システム監査結果などに応じて、適切に年次安全衛生方針に反映し、安全衛生の継続的な改善活動を展開する。

マテリアリティ 労働安全衛⽣

  • 目標・目指す姿
  • ● 不休業災害以上ゼロ(単体および国内関係会社)
  • ●休業災害ゼロ(グローバル⽬標)

安全衛生動向

 2005年度から、国内製造拠点で順次、労働安全衛生マネジメントシステム(JISHA方式OSHMS)の認定を取得しました。安全衛生活動はリスクアセスメント、ヒヤリ・ハット運動、KY(危険予知)活動を主体として展開しています。

2018年度の主な取り組み

❶リスクアセスメントの推進
❷作業標準の再整備
❸安全感受性向上教育の推進
❹安全衛生パトロールの充実

  • OSHMS認定取得状況
     足利工場、和歌山工場、南海工場、加古川工場
  • OHSAS18001認定取得状況
     Bando Manufacturing (Thailand) Ltd(. タイ)Bando Belt Manufacturing (Turkey), Inc. (トルコ) Bando (India) Pvt. Ltd. (インド) P.T. Bando Indonesia(インドネシア)Bando Korea Co., Ltd. (韓国) Bando Belt (Tianjin)Co., Ltd(. 中国)
  • ISO45001認定取得状況
     Sanwu Bando Inc.(台湾)

安全意識と安全感受性の向上を目指して

  • リスクアセスメントの推進
     労働災害が多く発生している保守やトラブル対処などに重点を置き、2014年から累計約7,000件の作業のリスクアセスメントを実施しました。またリスクアセスメントの充実や化学物質リスクアセスメントの徹底を目的に、リスクアセスメント実践研修会を開催しています。
  • 安全衛生パトロールによる安全ルールの遵守
     毎月各事業所、グループ各社で実施している安全衛生パトロールに加え、毎年7月の全国安全週間に合わせ、安全衛生担当役員と労働組合委員長が国内全生産拠点で安全衛生パトロールを行い、安全ルールの遵守を呼び掛けています。また、毎年10月7日を「バンドー安全の日」と定め、安全に関するメッセージを社長から全社員に向けて発信し、社長以下取締役が安全衛生パトロールを行い、日頃の安全衛生活動を点検しています。
  • バンドー安全の日

  • 設備の安全対策の推進
     非定常作業で多い手出し災害を防ぎ、非定常作業でも作業者の安全を確実に守れる設備とするべく、対策を進めています。安全対策事例集を作成し、これに基づく設備の安全確認と改善を実施しています。
  • 安全柵を設けたプレス加硫設備

  • 危険体感機を使った安全感受性向上教育の実施
     当社グループの生産設備で起こりうる可能性が高い巻き込まれや挟まれ災害を模擬的に体験し、作業に潜む危険への感受性を高める安全感受性教育を実施しています。2014年度からグループ全体に拡大し、国内全工場、国内関係会社のほか、海外製造拠点でも主要10拠点に危険体感機を設置し、同様の教育を進めています。
    その結果、南海工場では2018年9月、無災害記録560万時間を達成しました。
  • 安全感受性向上教育

  • 社外からの評価
     Bando Manufacturing( Thailand) Ltd(. タイ)は、安全衛生に関する優れた経営を行う企業として、タイ政府から昨年に続き「National Occupational Safety and Health Award」を受賞しました。
  • 目標・目指す姿
  • ● 健康いきいき職場づくりチームの活動を通して、⼀⼈ ひとりが健康づくりに取り組み、
      いきいきと働ける職場にする

健康に、いきいきと働くための取り組み

 2017年度より新たに健康担当役員を任命し、「バンドーグループ健康宣言」を制定するなど、従業員の健康への取り組みを強化しています。そして、同宣言の実現に向けて、労使協働で組織する「健康いきいき職場づくりチーム」を結成しました。「健康いきいき職場づくりチーム」は、従業員が自ら策定する「健康ビジョン」の実現へのサポートと、活気ある働きやすい職場づくりを推進しています。会社と従業員が「がっちり」一体となった取り組みが評価され、2019年2月に経済産業省と東京証券取引所から「健康 経営銘柄」に3年連続で選定されたほか、経済産業省と日本健康会議による「健康経営優良法人(大規模法人部門)ホワイト500」に認定されました。

休業⽇数率0.4%以下を目指して

 健康に、いきいきと働くための取り組みのKPIとして、休業⽇数率0.4%以下の達成を目指しています。
この目標の達成に向けて、定期健康診断、特殊健康診断、2次検査の受診を100%実施しており、その結果に基づくハイリスクアプローチ*1として、EQ*2を活用した糖尿病重症化予防プログラムを実施し、生活習慣の改善を促しています。また、健康保険組合と協同のデータヘルス事業の⼀環として、健康スコアリングレポートを活⽤したコラボヘルス活動である歯科健診などを推進し、歯科医療費の削減を図っています。
2018年度は、ポピュレーションアプローチ*3として、⽣活習慣の改善(良い⾷事・睡眠、基礎代謝向上、禁煙等)による⽣活習慣病予防を強化しました。また、上司と部下とのコミュニケーションの時間を確保することや、業務改革の提案を積極的に進めることで、職場の活性化を進めています。その結果、⽣活習慣病による療養⽇数は71⽇減少し、ストレスチェックで⾼ストレス者と診断される割合も2.2ポイント(45名)減少するなどの成果を得られましたが、休業⽇数率については、1件当たり療養⽇数が増加したこと等を背景に0.86%となりました。今後も、0.4%以下を目指した取り組みを継続していきます。

*1 ハイリスクアプローチ:健康リスクが特に高い人に対し、そのリスクを下げるよう支援するアプローチ
*2 EQ(Emotional Quotient):情動指数
*3 ポピュレーションアプローチ:健康リスクが高い人に限定せず、ある団体などの健康リスクを全体的に下げるために行う支援

TOPICS一人ひとりの心身の健康が基盤

 当社の健康経営は、特別なものではないと考えています。当社には健康経営への取り組みを始める以前より、従業員が療養することを健康・生活・職場への影響・生産性といった多様な視点で考えることを通じ、「一人ひとりの心身の健康が基盤」という意識が根付いています。当初は療養者を減らすこと、次に予防することを目標に していましたが、現在は、一人ひとりがやりがいを持ち、いきいきと働けることを目標にしています。
「一人ひとりの心身の健康が基盤」という風土があるからこそ、労使協働による「健康いきいき職場づくりチーム」の活動もスムーズに推進できていると考えます。これからもこの風土を継続させ、働き方改革と関連づけながら、健康経営を推進していきます。

健康経営アワード2019