CSRの取り組み

労働安全衛⽣

安全衛生基本方針

基本理念

当社グループは、人間尊重に立脚した事業活動を基本とし、全員の創意・工夫と行動力を結集して継続性のある安全衛生管理活動を推進し、従業員の安全と健康を確保する。

行動指針

1. 私達は、労働安全衛生関係法令および事業所において定めた安全衛生に関する諸規定を遵守し、労働災害および職業病の防止と健康の維持、増進に努める。
2. 会社は、労働災害および職業病の防止に直接責任があることを自覚し、労働安全衛生マネジメントシステムを確立する。また、従業員の協力の下、適切に実施、運用し、安全で快適な職場を築く。
3. 私達は、安全衛生管理活動に自主的且つ積極的に参加し、創意・工夫と行動力を結集して、自らの安全と健康は自ら守る活動を展開する。
4. 会社は、安全衛生方針を全従業員に周知させるとともに、安全衛生活動の実態の変化、システム監査結果などに応じて、適切に年次安全衛生方針に反映し、安全衛生の継続的な改善活動を展開する。

マテリアリティ 労働安全衛生(労働安全)

  • 目標・目指す姿
  • ● 不休業災害以上ゼロ(単体および国内関係会社)
  • ● 休業災害ゼロ(グローバル⽬標)

マテリアリティ 労働安全衛生の推進について

【責任部署】(安全)
  • ものづくりセンター
  • 事業所

取りまとめは本部安全衛生委員会(事務局:ものづくりセンター安全・環境推進室)

【方針・考え方】

安全で快適な職場環境を作るのは企業の責任であると認識し、「グループ行動規範」とともに「安全衛生基本方針」を掲げ、安全衛生目標を定め、従業員の協力の下、安全で快適な職場環境作りに努めています。

目指す姿】
  • 不休業災害以上ゼロ(単体および国内関係会社)
  • 休業災害ゼロ(グローバル目標)
【施策】

安全目標を定め、本部安全衛生委員会並びに事業所安全衛生委員会で定期的に安全衛生に関する事項を審議しています。

  1. 1. リスクアセスメントによる安全対策の推進
    国内外:全ての新規設備導入は設備のリスクアセスメント実施
  2. 2. 安全衛生教育によるヒューマンエラーの削減
  3. 3. 安全衛生パトロールの実施
    海外:安全衛生対策事例集及び設備安全基準に基づいた設備点検
  4. 4. 適正な化学物質の取り扱い 環境手順書に沿った管理

安全衛生動向

2005年度から、国内製造拠点で順次、労働安全衛生マネジメントシステム(JISHA方式OSHMS)の認定を取得しました。安全衛生活動はリスクアセスメント、ヒヤリ・ハット運動、KY(危険予知)活動を主体として展開しています。

2020年度の主な取り組み

❶リススクアセスメントの実施
 およびリスクレベルⅢ以上の低減
❷作業要領書を再整備
❸安全感受性を向上
❹安全衛生パトロールの充実
❺ 海外関係会社の活動のさらなる活性化
❻交通安全意識の向上

  • OSHMS認定取得状況
    足利工場、和歌山工場、南海工場、加古川工場
  • ISO45001認定取得状況
    Bando Manufacturing (Thailand) Ltd.(タイ)
    Bando Belt Manufacturing (Turkey), Inc.(トルコ)
    Bando (India) Pvt. Ltd. (Bengaluru)(インド)
    Bando Korea Co., Ltd.(韓国)
    Bando Belt (Tianjin) Co., Ltd.(中国)
    Sanwu Bando Inc.(台湾)
    P.T. Bando Indonesia(インドネシア)

安全意識と安全感受性の向上を目指して

  • リスクアセスメントの推進

    定常作業から保守やトラブル対応に至るまで約7,000件の作業についてリスクアセスメントを完了しており、高リスクに対する安全対策を推進しています。また新規設備のリスクアセスメントの実施に加え、既存設備のリスクアセスメントの充実や化学物質リスクアセスメントの徹底を目的に、リスクアセスメント実践研修会を継続して開催しています。

  • 安全衛生パトロールによる安全ルールの遵守

    毎月各事業所、グループ各社で実施している安全衛生パトロールに加え、毎年7月の全国安全週間に合わせ、安全衛生担当役員と労働組合委員長が国内全生産拠点で安全衛生パトロールを行い、安全ルールの遵守を呼び掛けています。また、毎年10月7日を「バンドー安全の日」と定め、安全に関するメッセージを社長から全社員に向けて発信し、社長以下取締役が安全衛生パトロールを行い、日頃の安全衛生活動を点検しています。

  • バンドー安全の日

  • 設備の安全対策の推進

    非定常作業で多い手出し災害を防ぎ、非定常作業でも作業者の安全を確実に守れる設備とするべく、対策を進めています。安全対策事例集を作成し、これに基づく設備の安全確認と改善を実施しています。

  • 安全柵を設けたプレス加硫設備

  • 危険体感機を使った安全感受性向上教育の実施

    当社グループの生産設備で起こる可能性が高い巻き込まれや挟まれ災害を模擬的に体験し、作業に潜む危険への感受性を高める安全感受性教育を実施しています。2014年度からグループ全体に拡大し、国内全工場、国内関係会社のほか、海外製造拠点でも主要10拠点に危険体感機を設置し、同様の教育を進めています。その結果、南海工場で2020年11月に無災害記録840万時間を達成したほか、同年12月には、安全優良職長厚生労働大臣顕彰を受賞し、 海外では、同年10月にタイ労働省よりNational Occupational Safety and Health Awardを受賞しました。

  • 安全感受性向上教育