CSRの取り組み

トップメッセージ

創業の精神を受け継ぎ、社会の発展に貢献していきます。 代表取締役社長 吉井 満隆
経営理念に沿い、社会のニーズに応え続ける
当社グループを取り巻く外部環境は、カーボンニュートラルやSDGsへの関心の高まり、AIやIoT技術をコアとした第4次産業革命の只中にあり、自動運転や再生医療など新たな技術も次々と生まれ、新型コロナウイルス感染症の拡大と相まって、生活様式すら変わるような大きな変曲点を迎えています。このような状況のなか、当社グループは1906年の創業以来、幾多の苦難を乗り越えてきた経験とそこで培ってきたしなやかさを発揮し、持続的な成長を果たすべく、鋭意事業活動を行っています。コア事業の取り組みでは、主力製品である伝動ベルトや搬送ベルトについて、高付加価値製品を軸に、当社ホームページ上に特設サイトを立ち上げ、お客さまの利便性向上を図るとともに、ウェビナー等を通じてお客様とコミュニケーションを図るなど、ニューノーマル時代の新たな営業スタイルへの取り組みを進めています。一方、新事業では、当社の伸縮性ひずみセンサ「C-STRETCH®」を応用した初の医療機器「ATメジャー®」を、連結子会社の医療機器メーカー 株式会社Aimedic MMTが開発し、販売を開始しました。当社グループにとっては大きな一歩であり、医療機器事業の拡大に向けてさらにまい進してまいります。
今後も当社グループの製品は多様な市場の産業基盤を支えているとの使命感を持ち、社会課題を解決する付加価値の高い製品を幅広い分野で開発・提供し続けることにより、社会の持続的な発展に貢献し続けていきたいと考えています。
カーボンニュートラルへの貢献に向けて
当社グループは、近年の最も大きなグローバルリスクの一つである気候変動問題の深刻化にともなう事業環境の変化を重要な経営課題の一つとして認識しており、これまでも様々な取り組みを通してCO2排出量削減等に努めてまいりました。このようななか、政府の「2050年カーボンニュートラル宣言」を受け、グループ全体でさらなる取り組みを進めていきます。